2010年10月14日

夢ならあるし、誰か騙す予定もねぇ!

本当は今日怒髪天を九段会館へ見に行くはずだったのに、火曜出勤する時に、地元の駅の階段からDIVE!!
1日たって、むしろ腫れがひどくて、足をつくのが痛いので今日は会社をお休み。
だからため込んでいたブログでも書こうかと思います。
本当はおっさんの格付けもしなきゃいけないんだけどね。
14人もいるし、まだトモフを見てないので全部埋められるかな。
はるくんを見てると想像つくけど。笑
おっさんツアー 2公演目は名古屋に行ってきました。

おっさんツアーが決まった時から、何が何でも名古屋だけは行きたいと思って、周りにもチケットお願いしまくってた。
だって対バンメンバーが、あたしの好きなバンド総出演なんだもん!
わかりやすく言えば、SMAPと嵐とKAT‐TUNが同時出演する感じ?
もっと最近ぽくいえば、AKBの大島と前田あっちゃんとしのまりを一斉にデートできるみたいな?
そんな感じ。


最初は5日終日+6日午前の有給をもらおうと思って、上司にも相談をしていたんだけど、
急遽7日にクライアントの発表会が決定。
もはや休みがほしいとか言い出せる状況ではない。
でもこの日を休まない訳にはいかないし、発表会が決まる前から休みをもらいたいって相談してたから、
何とか5日の午後半休だけでももらえるように、有給申請。
それからはひたすら休みをもらえるように、まじめ真面目にお仕事…

その週には突然報告会とかも入っていて、でもあたしの相方さんは時短のママさん。
ゆえに残業は基本的に難しい。
だから10/2、3のMSJの予定も返上して、休日出勤。
でも本当にその2週間くらい前から、休めるか不安で不安で。
まして渋谷のLIVEを見に行ってからは、「これは楽しいに違いない!」と余計に思いは募るばかり…
周りの方にはぐだぐだとご迷惑をおかけしました。

前日。
運よくチームでの打ち合わせがあり、その場で相方さんと上司に
「明日午後お休みするので」とさらっというと「あーあれね」
そうです、いつもLIVEに行くために働いていると周知されているあたしは、
難なくお休みをゲット。
あのぐだぐだなんだったの・・・笑
まぁ休めることになったんだし、いいや!


当日。
直前は忙しくなるのが見えていたので、週末から支度してあったから準備万端!
午前中の打ち合わせもそつなくこなし、午後は正直仕事に身が入らない。笑
そして14時。
運よく部長は席にいなかったから、鉢合わせないようにそそくさと会社から脱出成功!
そのまま新幹線で、いざ名古屋へ!

前日、会場のキャパを調べようと思ってネットで見てたら、「BOTTOMLINEはロッカーが少ない」との情報。さらに「5番出口のロッカーに入れるといい」と書いてあったので、新幹線を降りてすぐ今池駅へ。で、とりあえずロッカーをゲット。
まだ空きはあったけど、埋まり始めていたので先に来ていたよかった。
それからまた名古屋に戻り、荷物を置いて、着替えて、いざ出発。
今回は悩みに悩んだけど、やっぱりコレさんを盛り上げるためにもPシャツで乗り込みました。
会場はけっこうNICK Tシャツがいたかな。
さすがにPシャツは見かけませんでした。


会場に着くと並び始めてたくらい。
中からはリハの音漏れ。たぶん怒髪天。
1730過ぎくらいにはついていたんだけど、一人で開場まで待つのもさみしいもの。
やっぱりみんな2人でとか、友達とが多いんだよね。
いいんだいいんだ、一緒に行く人いないからライブ見られないとか一番もったいないから一人でも行くのです!
そして18時に開場。
物販のところにいた松本社長はPシャツじゃない!何のシャツだろうと思いつつ、DVD用?movieもケアせず、一路会場内へ。
中はけっこうせまくて、渋谷のクアトロよりも狭い。
まん真ん中の2列目をゲットしました。

そしてそっからがまた長かった…隣はNICKのお姉さんでした。
で、ぼーっとステージを見てたら、端の方で人の動きが。
おそらく控室?楽屋が見えていた模様。
やけに丸みを帯びたシルエットだなと思っていたら、たぶんリーダーの髪?
後からあの、高僧の衣装をまとったリーダーが見えました。
そんな楽しみもありつつ、1時間を過ごし…


19時にライブスタート。
最初は怒髪天!実は怒髪天を見るのはまだ2回目?ロックの学園と、新木場でのツアーファイナル。
だからオープニングの雰囲気とか初めてで楽しかった。

01.枯レ葉ノ音
02.欠けたパーツの唄
03.労働CALLING
04.俺達は明日を撃つ!
05.オレとオマエ
06.ド真ん中節
07.Merry X'mas Mr.Lonelyman(新曲)
08.オトナノススメ
09.酒燃料爆進曲

残念ながら、1、2曲目はまだまだ勉強不足で知らず。
で、3曲めで労働CALLING!
ウンガラガッタしたかったのだー!
「生きる屍の1週間」とかちゃんと増子さんの振りがついてて、かわいい!
それに、もう踊り狂える感じがはっちゃけてて、すごいいいね、この曲。
ほかのバンドだとここまで壊れられるのないので、すごい好き。

4曲目の「俺達は明日を撃つ!」は知らなかったけど、生で聞いて断然好きになった。
親指と人差し指〜のとことか、たまらない。
いい曲だよね、入ってるアルバム探そう。

で、定番「ド真ん中節」
曲中もそうだけど、おわってからの増子さんの疲労困憊の様子がすごかった。
ほんとに全身全霊をかけているのね。

ここで坂さんのMC。
増子さんって本当に坂さんをいじるのが好きなんだなって実感できるMC。
そのまま増子さんのMCからの、新曲。

初めて聞いたけど、ものすごく怒髪天らしい曲。
まじめにこんなことを歌える怒髪天が本当にいいと思う。
「プレゼントなんていらないから、1杯付き合え」ってとことか。

そこからは、オトナノススメと酒燃料。
酒燃料は最近激しくヘビロテしてたから聞けて良かった。
あと、オトナノススメの時に「大人は最高!」っていうときに増子さんと目があって
ものすごくうれしかった!

あー、MCのことが全然書かれてないけど、
増子さんのやる、さわおさんのジャンプのまねがそっくりすぎてウケた!
確かにあれ、ものすごくよくやるのよね。
あと、想像の通り楽屋がひどいってことね。
確かにリアル池袋交差点24時+増子さんだもんね。
でも、MCもどこをとっても仲良くないといえないよなって話だった。うらやましい。

怒髪天のLIVEで驚いたのは、ダイバーの多さ!
ダイバーに遭遇したのが初めてだったから、警備のお兄さんが目の前に来たなー…と思ってたら、上から人?!って感じですごく戸惑ってしまった。
1度かわすのに失敗して押しつぶされたので、それからは警備のお兄さんが目の前に来たら、
ちょっと首をすくめて低くなることにしました。笑

そして全ての曲を終えた後増子さんもDIVE。
せっせと触っておきました。笑

怒髪天を初めて前の方で見た感想。
シミさん、常に超笑顔。そういうイメージなかったから、すごい素敵で癒されるなと思った。
坂さんもすごく一生懸命ドラム叩いてるし。あの辛そうな表情するのはわざと?笑
あと上原子、通称王子はやっぱりクールだね。
不思議とギタリストってかっこよく見えるよね、なんでだろ?
増子さんは想像以上に細く、あんな小柄からどうしてあんなパワフルな声が出るのか不思議。
増子さんが目の前で歌っているっていう状況も不思議だったけどね。


ステージ転換。
怒髪天に比べて、スタッフが少ないのかな。
あの若い、いつものお兄さんがせっせと準備をしてました。
あと松本社長がお水を準備したり。ここで、松本社長のTシャツがビザールメンであることを確認。

で、コレクターズ。
案の定、リーダーは高僧のお召し物。コータローはフレッドペリーのシャツ(あたしが友達にあげたのに似てる気がした)。
オリ君はオレンジ色っぽいシャツ、細かい模様はなかったなぁ。Qちゃんは髪切ってた、いつものように首に巻物。

01.エコロジー
02.million crossroads rock
03.問題児
04.青春ミラー
05.今が最高!
06.NICK! NICK! NICK!
07.東京虫BUGS
08.虚っぽの世界


1曲1曲に感想を書くまでもないので、割愛。
でもさ、ワンマンに慣れてしまってるからかもしれないけど、
正直物足りなかったなぁ…
確かにリーダーのMCの通り、怒髪天を聞く人たちにとってはコレってちょっとお上品すぎる感じはあるなと思っていたの。
やっぱりイギリスっぽいのとアメリカっぽいのの差というかなんというか。
こんなに偉そうに書けるほど詳しくはないのだけど。
でも、あれだけの勢いで怒髪天が来てる中、コレクターズさん、ちょっとおとなしすぎやしませんか?

NICKだけじゃなしに、コレクターとか、さわおさんが好きな1・2・3・4・5・6・7DAYS A WEEKとか。TOO MUCH ROMANTICだってあるし、たよれる男もあるじゃないの。シンディだって。
もっともっとコータローの誕生日ばりに、畳み掛けるセットリストであってほしかったと思ってしまいました。

あと、あたしは前の方でいつものようにノリノリで楽しんでしまったけど、
初めて見た人とか、普段怒髪天しか聞かない人はどう思ったのかなっていうのは
すごく気になりました。
予備知識なく、あの衣装の加藤さんが出てきたら、あたしもぽかーんとしそうだけど。笑


そういえば、名古屋で言ってた事務所の社長の写真がアップされないけど、まだなのかな?
あとMCはいつものライブよりリーダーが一人で話す語り調でちょっとおもしろかった。
個人的には「学習塾にもいっぱいいった」がツボでした。
日能研、四谷大塚、サピックス…的な?笑


そして、最後はピロウズ。
ドラムはしんちゃんが自分でセットしてた。笑

01.プロポーズ
02.Skinny Blues
03.Degeneration
04.I know you
05.Ladybird girl
06.Movement(新曲)
07.Ninny
08.Please Mr.Lostman
09.その未来は今
10.No Surrender

en.
11.Primer Beat
12.LITTLE BUSTERS


やっぱりたまに聞くプロポーズはいいかも。
あの手をぐるぐるするとこ素敵だし。
そして相変わらず、I know youは大好き。歌詞が全部いい。
でも名古屋で間近で見て思ったのは「だって嘘みたいなことも君なら叶えそうだぜ」のフレーズの
「君」のところでさわおさんが誰かを指さすのです。
いつか、そこでさわおさんに指さされたいなー。
そうしてもらえたら、あたしもしばらく頑張れます。

そういえば、今回出てきた3バンドみんな「楽屋がひどい」って言ってた。
でも多分ひどい=楽しいなんだよね。
一度でいいからその空間に混ざりたい。いくらで混ぜてもらえるのでしょうか…笑

コレクターズの時はなかったんだけど、確かNo Surrenderの時にまたダイバーが登場。
さわおさんたちも気にしながら演奏してたみたいで「生き延びてまた会おう」がシャウトではなかった。関係あるのかわかんないけどね。

で、アンコール1曲目はPrimer Beat。
迷走中!のとことか、好き。
ってかけっこうステージとの間にカメラマンとか入るんだけど、さわおさん意識して歌うよね。
絶対笑顔で歌わないし。笑
だからこそ、目が合うとうれしいのです。笑

で、待ちに待ったLITTLE BUSTERS。
怒髪天は全員出てたと思うけど、コレはオリ君とQちゃんがいたか記憶なし。
リーダーが着替えててかっこよかった印象が強い。
そしてコータローがやたら笑顔だった。既に飲んでた?

まずリーダーが出てきて、そのほかの面々が出てきて…
あとから出てきた増子さんが手におむすび(天むす)を持ってて、前の子の口の中にどんどん入れってってる!なんだ、あのおっさんと思ったけど、すごく増子さんらしい光景。笑
コータローは王子と一緒にひたすらPeeちゃんのジャマ。笑
あたしはシミさんと、天むすを配り終わった増子さんが吹いたビールを浴びました。

もう見どころが多すぎて、どこ見ていいかわからない間に終了。
最後はピロウズの曲なのになぜか増子さんがしめてました。
増子さんがさわおさんにしゃがめって言ってて、それを
さ「俺がしめるの?」
ま「いや、おれ」
ってアイコンタクトとジェスチャーでやりとりする、増子さんとさわおさんが
非常にほほえましかったです。

で、演奏終了後ステージ上で最後に見た景色は坂さんの半ケツ。
もちろん犯人は増子さん。


本当にとんでもない、テロみたいなライブでした。
でもやっぱり行かなかったら後悔したな。

翌日はやっぱり来てよかった、と思いつつ、7時15分の新幹線で渋谷へ出勤しました。
でも、名古屋では完全に怒髪天にはまったのでありました。
おっさんツアーはまだまだ続く。
posted by 北田七時 at 00:31| 東京 ☔| Comment(0) | THE COLLECTORS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。